サイト内検索 検索

ユーザーフォーラム会員ログイン

ユーザーフォーラムのご案内

マイクロRNAユーザーフォーラムについて

 マイクロRNAプロジェクトの成果を製薬企業、診断薬企業及び診断機器企業等の多くの企業に橋渡し、プロジェクト成果の実用化を推進するためにユーザーフォーラムを設立します。 また、フォーラム参加企業がプロジェクトで開発したマイクロRNA発現データベースにアクセスできる環境をプロジェクトの後半で提供します。

1. ユーザーフォーラムの目的
・プロジェクトの研究成果を速やかにユーザーフォーラム参画企業(製薬企業、診断薬企業及び診断機器企業等)に橋渡しを行います。
・参画企業では、事業化を念頭に置いて、この研究成果の評価・検証を行い、プロジェクト成果の実用化を推進します。
・プロジェクトの研究内容及びデータベース利用に関する会員企業のニーズをプロジェクト実施側にフィードバックします。


2. ユーザーフォーラムの運営方法
・事務局はバイオ産業情報化コンソーシアム(JBIC)が行い、バイオチップコンソーシアム(JMAC)と協力して運営します。
・プロジェクト成果の報告会を年3回程度開催します。(原則 6月、10月、2月頃)
・報告会のプログラムは、プロジェクトの進捗状況及び今後の計画について報告を行うとともに、研究開発を行っている研究リーダに持ち回りにて個別の研究成果を報告します。
・会員企業から特定の研究成果に興味があり、詳細情報の提供希望があった場合は、フォーラム事務局が仲介役となります。
・会員企業を個別に訪問してヒアリングを行い、企業のニーズを吸い上げ、その結果を開発機関にフィードバックします。
・プロジェクト進捗状況やプロジェクト成果を速やかに伝達するために、フォーラム専用ホームページを開設します。

3. フォーラムでの情報開示方法
プロジェクト成果に関する情報の開示は、フォーラム報告会及びフォーラム専用ホームページから行います。

① 第一ステップ:
フォーラム報告会及びフォーラム専用ホームページにて、Non-Confidential情報のみを提供します。 フォーラム参加企業はこの情報をもとに、技術的検討を行います。

② 第二ステップ:
フォーラム参加企業から開示された情報に対して更に詳しい情報(付加価値情報)の開示の希望がある場合は、事務局(JBIC)に問い合わせします。
事務局はこの希望内容を該当する研究開発機関に伝え、開示可能な付加価値情報の検討を依頼します。なお、どの企業がどのような内容を希望したかについては秘密性が高いので、研究開発機関には企業名を伏せて(匿名化して)伝えます。
付加価値情報を企業に提供する場合は、秘密保持、知財の取扱い、付加価値情報の使用範囲等に関する覚書を別途締結してから、情報提供します。

③ 第三ステップ:
フォーラム参加企業が付加価値情報の技術的検討を行った結果、事業化に向けた更なる研究開発を行う場合は、企業と研究開発機関とで別途共同研究契約を締結して、実施します。

4. フォーラムへの参加方法
・ユーザーフォーラムに入会を希望する企業は、会員規約(別紙)に同意したうえで、「フォーラム入会申込書」(別紙)に必要事項を記入して事務局(JBIC)へ提出します。
・ユーザーフォーラムに置かれている運営委員会の承認を得たうえで、フォーラム入会承認の連絡を行います。

<お問い合わせ>
一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム 戦略企画本部
03-5531-8553

ページトップへ