サイト内検索 検索

ユーザーフォーラム会員ログイン

広島大学(共同研究)

プロフィール

広島大学

所属:
大学院医歯薬保健学研究院
細胞分子生物学研究室
 
役職:
教授
 
代表者または代表研究者:
田原 栄俊
 
関連ホームページURL:
http://cell.pharm.hiroshima-u.ac.jp/TaharaLAB/Welcome.html

本研究で分担する課題と具体的な取り組み、保有技術について紹介

認知症を超早期に診断できるバイオマーカーとして、血液や髄液中のマイクロRNAをもちいた診断方法の開発を行っています。認知症は、MCI(Mild Cognitive Impairment)とよばれる健常者と認知症の人の中間のグレーゾーン段階の軽度認知障害を診断できるバイオマーカーを開発して、認知症になる前に、早期の予防や治療をめざします。がんは、既存の画像診断やがんマーカーよりも早期に診断できるマイクロRNAのバイオマーカーの開発を目指します。本事業で得られた候補マイクロRNAが、あらゆるプラットホームでも、バイオマーカーとして用いることができるかを検証します。また、候補マイクロRNAを用いた前向き研究(健康な人に検査を実施)して、病気の発症の早期に候補のマイクロRNAで早期発見ができるかどうかのも実施し、バイオマーカーの有用性を検証します。

本研究で使用する設備等の紹介


 

関連論文・関連発表、受賞履歴等

ページトップへ